いまどきの老人ホーム事情

いまどきの老人ホーム事情

老人ホームへの入居を希望する場合に大切な事

家族の介護が必要になった時に大切なのは、どのような介護施設を選ぶかという事です。
介護保険適応の介護施設には色々な種類があります。
中でも人気があるのは、有料老人ホームと呼ばれる施設です。この施設の特徴は、入居する利用者の幅が広いという点です。
入居する際に、施設によっては介護区分に制限がある場合があります。しかし、有料老人ホームでは自立から最も重たい要介護5の方まで利用する事が出来ます。
また、住居地の制限を受ける事もありません。認知症対応型共同生活介護と呼ばれるグループホームの場合、住民票のある地域の施設にしか入る事が出来ませんが、有料老人ホームの場合は制限がありません。
遠方に住む家族を呼び寄せて、有料老人ホームを利用する事も出来ます。
このように、介護施設によって利用出来る条件がさまざまですので、どのような施設を利用したいのかをしっかりと検討して、条件を満たしているのかを見極める必要があります。

老人ホームに入居する前の情報収集

老人ホームに入居する前に、都道府県に問い合わせや資料請求や老人ホームの見学や体験入居を行っておくと良いでしょう。
都道府県へ問い合わせすることで、届出のあるホームの住所や連絡先などの基本的な情報が手に入ります。この情報によって、都道府県にきちんと届出のある施設かどうか判断できます。
資料請求は、その施設が作ったパンフレットなどが手に入ります。いくつかの施設と比較し検討することで、より良い施設を見分けることができます。
老人ホームを見学することで、施設の立地や周辺環境や設備や雰囲気などを知ることができます。これは、資料請求だけでは得ることの出来ない情報です。実際に足を運ぶことで、どういった環境で生活するのかがわかります。
老人ホームに体験入居することで、施設スタッフのサービスの提供や他の入居者の人物像を知ることができます。この体験方法は、1度だけでは雰囲気などを掴み辛いことがありますし、施設のイベントなどを知るためにも季節を変えて行うとより一層その施設についての理解度が増します。
施設の見学や体験は時間と労力を大きく使う行動ですが、得られる情報は貴重なものです。

Favorite

2017/3/8 更新