いまどきの老人ホーム事情

いまどきの老人ホーム事情

老人ホームの種類について

老人ホームは地方公共団体や社会福祉法人、あるいは民間企業によって様々な種類、形態として運営されています。それぞれを見ていくと、特別養護老人ホームは特養とも呼ばれ、地方公共団体や社会福祉法人によって運営されています。介護度1以上の要介護者を入居対象とし、日常生活全般にかかる介助を行う施設です。
他の施設に比べて比較的安価に入居することができますが、入居までに数ヶ月から数年かかる場合があります。介護老人保健施設は老健とも呼ばれ、医療法人または社会福祉法人によって運営されています。要介護1以上を入居対象とし、在宅復帰を目指してリハビリテーションなどを行う短期滞在型施設です。
有料老人ホームは民間企業によって運営されとくに入居対象に制限はありません。部屋は原則個室となっており、日常生活全般の介助を受けます。サービス付高齢者向け住宅は社会福祉法人あるいは民間企業によって運営されています。入居対象に制限はなくどなたでも入居することができます。安否確認や生活支援相談などを受けることができますが、あくまでも自宅としての位置付けであるため別途介護サービスを受けたい場合はヘルパー契約などが必要となります。
このように老人ホームといっても様々な形態があるため現在の身体状況からどこが最も適しているのかを把握しておく必要があります。

老人ホームについて知ろう

高齢者が入居する施設のことを老人ホームと呼びます。一般的には、有料老人ホームと老人福祉施設に分けられており、その際に入居する施設は、病気や介護が必要な場合や健康な場合などのように違いがあるため注意しなければなりません。
また、施設内の設備もそれぞれ異なっており、個室型もあればひとつの部屋に複数人が居住する場合もあります。また、入居に関しても長期入所や短期入所などのように期間に違いがあったり、老人ホームのスタッフが直接家を訪問し、さまざまなサービスを行なうこともあるのが特徴です。入居する際には、施設に申し込む必要がありますが、養護ホームの場合は行政の措置施設となっているので市町村に申し込む必要があります。また、入居のためには施設によっては条件が設定されていることもあります。
一般的には60歳か65歳以上、夫婦で入居する場合にはどちらか一方が年齢を満たしていれば可、とされるところが多いです。老人ホームに入居する前には、どんな施設なのか、スタッフはどんな感じなのか、環境や雰囲気を知りたい場合にはあらかじめ直接訪問してみることが可能です。また、事前に相談や問い合わせなど、さまざまな話を聞くことも出来るので、利用してみるのもひとつの手段です。

Favorite

個人に関する交通事故、相続、不倫や男女間のトラブル等の諸問題を扱っております金国法律事務所です。

名古屋駅 弁護士

出張買取も可能で、ネットバンキングに確定金額を即日振り込み可能です。

フェラーリの買取を依頼

大切なオフィスや住宅のセキュリティ対策の情報が満載です。

防犯カメラ 工事

Last update:2017/6/8